テネシー暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

その発言は失礼か  

しばらく前にJ.Crewが女性向けのサイズ000(XXXS)の展開を始めるというニュースがあり、そのニュースについていたコメント欄に「『拒食症サイズ』と名付けるべき」「J.Crewじゃなくて病院に行きなさい」「子供服買えば」「もっとハンバーガー食べなよ」というような書き込みが多数あり半ば炎上の様相を呈している様子を興味深く読みました。

要は、太っている人に『あなた太ってるね』『ダイエットした方がいいよ』と言うことは大変失礼であるのに、やせた人に『やせているね!』『もっと(太りそうな食べ物)食べた方がいいよ!』というのはありなのか?という論争でした。この時はフムフムと読んだだけでしたが、最近この件を思い出させる出来事が立て続けに2件おきました。

1、『You're so petite!!』
ある日ショップでカバンを選んでいたら、色々小さい私に店員から発せられた一言(しかも声もアクションも大きめ)。こぶりのカバンが小さい身体の私にサイズ感ぴったりということだったと思うのですが、でもちょっと「え・・・?」となりました。そんなに大きい声で指摘されなくても、小さな自分に似合いやすいモノは自分が一番よくわかっています。

2、『You look so young. I didn't think you were married.』
初対面の人に自己紹介中、「夫の仕事でここに住んでいる」と言ったとき、童顔の私に発せられた一言。50歩譲って彼女はアメリカ人ではなく(でもバイリンガル)、また「私がとっても“若く”見える」という褒め言葉の言い換えであったとしても、やっぱりアウト。


太っている方にデブ、年増に見える方に老けているね、と言ってはいけないように、やっぱりやせている人にやせすぎ、童顔の人に若く見えるね!も禁句だと思います。やっぱり腹立ったもの。英語ネイティブではないとはいえ(だからこそ)、自分も発言に気を付けなくてはと改めて思いました。


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ


スポンサーサイト

category: たわごと

tb: 0   cm: 0

I believe that we will win!  

今日はベスト16、アメリカVSベルギーですね。
そんな日に面白い記事を見つけました。

World Cup: Does US really have the most fans in Brazil?

ブラジル以外の国で、一番W杯のチケットが売れた国はアメリカなんだそうです、驚きの。
記事によれば愛国心の強く、スポーツが大好きな高所得者層へのマーケティングに成功したからファンを増やしたということのようです。

確かに、世界的なチームスポーツであるサッカーが弱いとは何事ぞ!強化を!と思うビリオネアが多く存在するというのもあり得そうな話です。
しかも女子はとても強いのに、そして20年前はここアメリカでW杯が開催されたというのに。
寄付金も高額なのかもしれません。その辺りがクリンスマンを招へいした(できた)理由だったり?(すべて憶測です。)

アメリカの中継を見ていると、このチャントが頭を離れなくなってしまいます~。





category: たわごと

tb: 0   cm: 0

ウルグアイ代表FWとHGTVのBrothers  

ウルグアイ代表FWにして13-14プレミアリーグシーズンの得点王であるルイス・スアレスと、
HGTVで活躍中の双子、Drew & Jonathan Scottって、似てますよね。

ずっと書きたかったかれど
スアレスがけがをしてしまいW杯に出れるのかわからなかったので書けずじまいでしたが、
ついに第2戦のイングランド戦で満を持して登場、2ゴールの活躍だったので記念に投稿します。

写真は張り付けてもよいのかわからないので、この辺りからご確認ください。

ウルグアイ代表から目が離せません。

双子
http://www.thescottbrothers.com/
https://www.facebook.com/PropertyBrothers
http://www.hgtv.com/property-brothers/show/index.html

スアレス
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.906160752733106.1073742216.606721589343692&type=1
http://www.fifa.com/worldcup/players/player=270775/index.html

(追記 6/30)
スアレス・・・やってしまいましたね。

この記事を書いた時、こんなことで彼がこんなに有名になるとは思いもしませんでした。
有名になるとすれば、W杯の得点王だと思ったのに。

スアレスのいないウルグアイはコロンビアに勝てる余地なく敗戦。
実力も実績も申し分ないのに、本当に残念なことです。

category: たわごと

tb: 0   cm: 0

私は借金などしていない  

1ヶ月ほど前に、携帯電話を変えました。
ついにスマートフォンになり、顔文字付で日本語のSMSも送れるようになり喜んでいたところで、困った問題が。

機種変更に当たり電話番号が変わりました。
すると前の電話番号の時代には考えられなかったくらい大量に知らない人から電話がかかってくるのです。
知らない番号は無視しますが、1日に何度も鳴る電話にいい加減うるさい!とイライラしてきました。

中でもここ数日土日平日関係なく1日に複数回電話してくる番号がありました。
ググりました。
債権回収業者(debt collection agency)でした。
前にこの電話番号持っていた人、問題児だったのね・・・・。だからこんなに鳴るのね。

そして今日再びその債権回収業者から電話があり、対決の時を迎えました。

「ハロー」
「ハロー!△△さん(もちろん心当たりはない名前)とお話したいのですが?」
「バンゴウマティガッテマス。」
「えーーと・・・・この電話は録音されています。なんと仰いましたか?」
マ・ティ・ガ・イ・デ・ン・ハ!!
「・・・それはごめんなさい。バーイ。」

(日本語訛りをカタカナで表現してみました)

「この電話は録音されています、何と仰りましたか?」と聞き返された時にカチンと来てしまい、
御社のレコードからこの電話番号を削除してください、と冷静に話すことができませんでした。
とりあえずこの会社からはもうかかってきませんように。

次回別の会社からかかってきたら、もう少し丁寧に対応したいと思います。
Do not call listにも登録したので、少しは減ることを願って。



category: たわごと

tb: 0   cm: 0

kyarypamyupamyu が見たい  

週末にいつものように日本のテレビを見ていたら、
ニュースで「きゃりーぱみゅぱみゅがワールドツアーをスタート」って、
初日のシアトル公演の映像が流れていました。
TVに出てきそうなコスプレをした人とかが。

わわわ!!いってみたい!!と思ってすぐに調べたら、
来週シカゴとニューヨーク、すでにチケット完売してました。(;O;)

しょうがないのでyoutubeで色々見ましたが、
(シアトル公演の映像まで上がっていた、さすがアメリカ)
そんなに人気がある?物議を醸している?とは知らず、1日つぶれるぐらいの勢いで楽しめました。

が、余計にライブ行ってみたくなって困った困った。
Japanese "CUTE" cultureに心酔する人たちに会ってみたい。


つーけまつーけま・・・あぁ頭の中が・・・ポンポンしてくる・・・



category: たわごと

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。