テネシー暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

銀歯が取れたら  

先週、餅を食べていたらガリっと嫌な音がして銀歯が取れました。
あー。最近餅つき機で餅を量産していたので食べすぎただろうか・・・。

日本に帰るまで1ヶ月強。さすがに耐えられない。
こっちにいる間に治すしかあるまい。


年末に1度歯医者には行ったことがあったので、
とりあえず行くべき歯医者とだいたいの勝手はわかるのですが、
ただ銀歯を詰めるだけでいったいいくらかかるんだろう・・・。
それが一番の恐怖。

年末に行ったときはどうにも歯が痛くて、クリスマスホリデーになる前に思い切って行ってみたわけですが、
歯科保険に含まれている予防治療(1年2回の検診とクリーニング)ということで検診してもらって、
「何の問題もないよ?何で痛いのかね?耐えられなくなったらまた来てね。」
で帰されて無料(全額保険会社負担)でした。

再び保険の資料を引っ張り出して、想定されうる自己負担額・率などを勉強、
(とりあえず最低100ドルは自腹で払わなくてはならないことを覚悟)
意を決して予約、最速で翌日にしてもらいました。

当日は、ハーイ!filling取れっちゃったの?じゃあもう1回詰めるね。
はい、かんでー、おっけー、2時間ぐらいは食べちゃためだよ。5分で終了。圧巻。
今回は検診でないことを予約時に伝えていたので、
日本だったらやるであろう「ついでに他の歯もチェック」はなし。
高額な歯科医療だからこそ、必要なこと・要求されたこと以外はやらない、
超良心的サービスに感心しました。

そして恐る恐るお会計に言ったら、
にこやかに
「保険会社に確認して、払ってくれなかったらあなたに請求書を送るね」

あのー、100ドルまで自分で払わなきゃいけないんです・・・
保険会社払ってくれません、知ってます・・・という言葉を飲み込んで、帰宅しました。
銀歯は治ったけど、銀歯よりオソロシイ請求金額の恐怖からは解放されませんでした。

そして1週間後の今日、歯医者から請求書が。
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

48ドルでした。

5分かかって詰めただけにしてはもちろん高いけれど、
それでも想定の範囲だったかな。
200ドルとかじゃなくて良かった。

私の保険だと、これが1年間の免責額(最低自己負担額)100ドルを超えると、
すなわち3回目に取れた銀歯から、保険金が下りるようになります。
それが8割なので、ざっくり48*0.2=9.6ドルのお支払でよくなります。
こうなると日本より安いかな・・・。
ま、医者のお世話にはならない。それが何よりいちばん。

ちなみに年末の検診代も請求書に記載されていて、これは194ドルでした。
高っっ!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ





スポンサーサイト

category: 最近の出来事

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。