テネシー暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

手紙の解読  

先日見学した小学生に日本語を教えている先生から頼まれごとを受けました。

この町在住のとあるアメリカ人のご家庭に伝わる宝物で、
太平洋戦争の頃日本から持ち帰った手紙、
もはやこのご家族には何と書いてあるやらわからないので訳して欲しいとのこと。

先生もトライしたそうですが、
見事な達筆にて読むことができず、私にまわってきたというわけです。

とりあえずやってみようとコピーを受け取ったものの、
私もその場でつき返したくなりました・・・

抜粋してお届けします。こんなのです。(TдT )

IMG_0581.jpg


わかるところと言えば、挨拶と

存じます
居ります
よろしくお願い致します
なりました
ください 

等々語尾のみ。

目的語が何一つ読めず、手紙の趣旨がさっぱりわかりません。
しかし日本人の勤勉な国民性からすると簡単にあきらめるわけにはいかない!

ずっと見ているとわからなくてイライラが募るので、
1時間置きにまっさらな心で、心眼を用いて読んだら読めました。
なんて、ほとんどの目的語と動詞を解読したのは夫です。
パズルのように、この形の字はさっきあった!などと埋めていき。

日本人やればできる、今日も自画自賛。


終戦直後、東北地方の温泉旅館にあてた手紙で、
とある米進駐軍の将校が帰国前にその温泉旅館を訪問するのでよろしくお願いします、良い思い出を作ってあげてください、というような内容でした。
この温泉旅館、昭和天皇が訪れたくらい由緒ある格式高い旅館だったようです。
今ではなくなってしまったそうですが。

もしかしたらこのご家族はこの将校の子孫なのでしょうか。
旅館でとても良い時間を過ごし、記念に自分のことを書いた手紙も一緒にアメリカに持ち帰り、
その手紙を家族の歴史としていまでも大切に残しているのだとしたら良い話だな~などと妄想してしまいました。

残念ながら真実が私のところに知らされることはないと思うので、
私の中では↑のような良い話として解釈しておくことにします。
スポンサーサイト

category: 日本語を教える

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

すごい達筆!!笑
これは、かなりの難問でしたね・・・
でもちゃんと解読できたなんて、すごいです(^-^)

こんな遠く離れた場所なのに、日本の古いお手紙があるなんて不思議!
いろんな出会いがあるものですね~

URL | nonny #RCLh/T66
2012/10/23 06:46 | edit

No title

>nonnyさん
本当に!!引き受けてみたはいいものの泣きそうでしたよ~v-39
ほとんど解読したのは夫です、なんでわかるのか感心しきりでした。

日本とアメリカってやっぱり色々縁が深いのだなぁとしみじみ思います。

URL | ひろしゃな #-
2012/10/23 17:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiroshanaintn.blog.fc2.com/tb.php/129-f00d1ff7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。