テネシー暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

旅行保険  

IMG_4113.jpg


アメリカと陸続きでない外国へ旅行する場合は、いつも旅行保険を購入しています。

万一病気・けがをしたときの補償はもちろんなのですが、
アメリカの旅行保険は航空券のキャンセルや変更に対する補償が手厚いのが加入する大きな理由です。

ほとんどのディスカント航空券は、一度購入したらキャンセルしても払戻しは受けられません。
万が一旅行に行けなくなったら、特に海外の場合は高額なお金を失うことになります。
(実際には支払った航空券代はクレジットされて次回以降のフライトで利用できるケースが多いですが、
 また同じ航空会社で同額程度の航空券を買うとは限らないし)
保険は病気やけがなどで旅行をキャンセルせざるを得ない場合、保険会社から払戻し不可航空券代の補償が受けられます。
(会社の上司が休暇を認めてくれなかったなんて日系企業じゃありそうな話ですが、これも特約でカバーされたりします。)

それに飛行機が遅れた、荷物が届かなかった時の費用ももちろんカバーされるし、
空港に行くまでの道路が渋滞してて飛行機に間に合わなかった…なんてのもカバーされます。


というわけで、今まで4回くらい加入して、
有難いことに保険金を請求するようなトラブルは発生しなかったのですが
ついに先月、チリ行きの便が10時間以上遅延して乗り継ぎ空港で宿泊する羽目になり、
掛け捨てし続けてきた旅行保険が日の目を見ることに!


ダラス空港でのホテル代(ターミナル内にある一番高いGrand Hyattに泊まった)、
ホテルでの夕食と朝食代の請求書とアメリカンにもらった遅延証明書をオンラインで送るだけ。
3週間ほどで手元にチェックが届きました。


請求も簡単だったし、届いたチェックを見て保険入ってて良かった~!!としみじみ。
今まで掛け捨てにした保険料全額を考えればまだ赤字なのですが、トラブルなんてないのが一番。


スポンサーサイト

category: 旅行

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiroshanaintn.blog.fc2.com/tb.php/155-51b62de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。