テネシー暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アメリカに来て見つけた楽しみ、そしてマニアさんいらっしゃい  

アメリカに来てはじめて知った楽しみというか、はじめてわいた興味。

それは、『飛行機の墓場』に行くこと。

と言うと完全にオタクのようですが、私は自分はオタクではないと自負しております。
(自意識過剰風にいうとプロだとは思ってますが、航空券手配の。でも機材のオタクでは決してない…)

土地が有り余っていることと乾燥した気候から、
アメリカには飛行機の墓場と言われる空港が多々あります。
ただ墓場とはいうものの、解体されゆく運命の機体しかないというわけでもなく、
売買の市場に出ている機体たちの「在庫置き場」という役目もあります。

いずれにせよ、「飛行機の解体場」「セール在庫置き場」っていったい。
アメリカのスケールの大きさを象徴するような、アメリカでしか見られない光景に圧倒されてしまいました。

カリフォルニアのモハベ空港、ビクタービル空港、アリゾナのデイビス空軍基地などが有名ですが、
最近秘かに話題を集めている(オタクの間で)のが、先日ポケモンジェットを見に行ったミシシッピのTupelo空港。
日本国内で退役が進むジャンボことボーイング747の解体作業が行われています。
ANAが3月末で最後の機体の運航を終了しますが、そんなANAが企画した信じられないツアー。

~ありがとうをこめて~
B747を見送るアメリカツアー 5日間


**以下ANAのHPより*****
海外旅行「B747を見送るアメリカツアー5日間」は、日本の航空会社で保有している最後のB747(機体番号JA8961)を、解体場所となるアメリカのテュペロで見送るもので、現地へ輸送到着するB747をご覧いただくツアーです。退役イベントとして、最後のランディング(着陸)や機内撮影ができるほか、機内の見学、機体胴体へのお別れメッセージの書き込み、機材の一部の部品取り外しを体験いただけます。また現地でのラストナイトは、「B747さよならパーティー」を実施し、スタッフによるB747に関する講話やクイズ大会を実施します。
***************

こんなところまでようこそいらっしゃい!


(私はTupelo住民ではありませんが、お隣の州の人間として)

中々よいお値段なのですが、昨日発売開始すでに空席状況が【リクエスト】なところをみると、
結構集客できたんでしょうか。


↓これはTupeloで見た747でJA8965。(というのらしい)
(レジ番(機体番号)というものが航空機にはつけられていることも墓場に行くようになるまで知りませんでした。)
IMG_2194.jpg
スポンサーサイト

category: 飛行機

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiroshanaintn.blog.fc2.com/tb.php/157-1513f9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。