テネシー暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Goodwill視察  

先日書いた通り、現在家の中を片付けています。

以前からゴミと言うほどでもなく捨てるには忍びない不要品はすべてGoodwillに寄付していました。
今回の片付けブームによってGoodwillに持っていくものの量が今までよりずっと増えました。

ところがいつも行くGoodwillはDonation Centerというのか、ドライブスルーで寄付を受け取ってくれるだけの場所だったのでGoodwillの店舗自体には行ったことがなく、いまいち「どんなもの」を「どのくらいのレベルのきれいさ」で「どのように」売っているのかを知りませんでした。今回捨てるものと寄付するもの、判断に迷うことも多くなったので意を決して店舗に偵察に行きました。(あまり良いとは言えない場所にあり行きづらかったのです。)

結果から言って、店舗の広さと綺麗さに驚きました。

特に洋服は色別、種類別に整然と並んでいて、日本のリサイクルショップはもちろん、アメリカのスーパー(Wなど)よりずっと購買意欲をそそられました。対して家庭用品のコーナー、こちらはガレージセールよろしくこれは誰が買う・・?というようなガラクタに満ち溢れ陳列もひどく、その落差が笑えます、さすが。

もちろんキレイに並んだ洋服も1つ1つ良く見ればヨレヨレのものもあるわけで、改めて本当にどんなものでもいいんだな~と実感しました。もちろんだからといって完全に着古した服を持っていったりしませんが。

Goodwillの「寄付された品を販売することにより雇用を創出する」というポリシーには非常に共感することころがあり、これからも失敗した買い物はどんどん寄付しようと思います。金銭を寄付するほどアメリカ社会には溶け込めませんが、このくらいならできます。

もちろん「衝動買い」「多すぎるストック」等の買い物の失敗をしないことが一番であることは言うまでもなく、常時部屋においてある「寄付ボックス」にモノを放り込みながらただただ反省する毎日です。



スポンサーサイト

category: Decluttering/片付け

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiroshanaintn.blog.fc2.com/tb.php/175-d9b20eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。