テネシー暮らし

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日本語の先生になる  

週に1度、アメリカ人に日本語を教えています。
元々は別の日本人の方が教えていたのですが、
帰国に際し私に引き継いでもらったもの。

これが、わかっていても大変。


というかむしろわかっていたので、文法は教えられない宣言はしてあって、
発音や書き方の練習、(彼女がやっている大学の通信教育課程の)テキストや宿題をみる!という方向なのですが、それでも大変。

最近は「カタカナ」の練習をずっとしているので


   と   

   と   


の違いに話が集中します。

ソの右側は下から上へ
ンの右側は上から下へ

という根本的な書き順はわかっているので、
「書いているところを見れば」どっちか判別がつくけれど、
「書き終わった状態」だとさっぱり違いがわからないそう。

「さっぱりわからない!どうやって見分けてるの!?」と何度も聞かれます。


1、文字のバランス(の方が何となく縦長、の方が何となく太っちょ)
2、右側は「(書道でいうところの)はらう」だからソは下側が筆圧薄め、ンは上側が筆圧濃いめ…
そんな抽象的な説明をどうやって英語すれば………


シとツはもう少しわかりやすくて、
書き順の違いと同時に、「左側の点々」がシは縦並び、ツは横並びと言えます。

まぁでも、何を言っても彼女は、┓(゚Å゚ ) ┏・・?? です。

そりゃそうだと思います。
なので、「作った人がわるい!」というオチになります。
言語なんてそんなものだよね・・・


でもとっても楽しいです。

でもどなたかセンセーショナルな説明方法をご存知でしたら教えてください~


たまにぽちっとしていただけるとやる気が↑します。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ南部情報へ






スポンサーサイト

category: 日本語を教える

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hiroshanaintn.blog.fc2.com/tb.php/43-655c5804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。